平成30年 12月 定例会 一般質問

1.浸水対策について

(1) 浸水対策 今後の取り組みについて
(市長答弁)

 浸水被害が発生した地域には、地元役員などにまつやま防災マップとまつやま内水ハザードマップを配布して説明し、地域での訓練に活用していただくよう働きかけたり、土のうをあらかじめ配備したりしてソフト面の対策も充実させ、市民の皆さんの安全・安心をさらに確保してまいります。

2.観光危機管理の充実について

(1)外国人観光客に対する避難場所や避難経路などの周知以外のことについて

避難所標識の多言語化を

(答弁)

 多くの外国人観光客の来訪が見込まれますので、標識更新の機会に、引き続き多言語表記に取り組んでいきたいと考えています。

 避難所への通訳の派遣について

(答弁)

 今後は、ボランティアセンターに通訳ボランティアの募集を要請するとともに、外国人の避難生活で留意すべき点等を語学支援を主な活動としているNPO法人等とも協議しながら検討していきたいと考えています。